ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




突発です。
獣医マスターの続き書こうと思ってたのですが(既に二月なのにorz)、突然思い付いたので書いてみた。

何処にも属さない本当に突発のマスカイ。
多分マスターは会社の営業さんに違いない。

カイト視点です。










「ほい、コレ今日の分な」

 コロリ、と手の平で転がる一枚硬貨。
 手渡されたそれを、俺はギュッと握り締めて笑う。

「ありがとうございますマスター。いってらっしゃいませ」


 コレが毎日繰り返される、僕とマスターだけの日課。







 One coin,One love






 僕のマスターはとても忙しい。

 朝早くに出掛けて、夜遅くに帰ってくる。
 土曜日と日曜日はお休みだから、一週間のうちその二日間だけ、僕の調教をしてくれる。
 けれど、どうしてもお仕事が忙しくて平日でも終わらなかった時は、土曜日と日曜日も、朝早く出かけて夜遅くに帰ってきた。

 だから、僕は基本的に日中は一人きり。
 僕が暇を持て余さないよう、マスターがたくさんの音楽をダウンロードして僕に与えてくれるし、テレビもラジオだってあるし、近くに大きな図書館があるから好きな本を借りて読むことも出来るから、マスターが居なくても暇を潰す手段はいくらでもあった。
 僕のような娯楽ロイドに、今の世界はとても優しい。
 少し前までは規制が厳しくて、ロイドが一人で街中を歩くだけでも煩かったらしいのだけれど、その頃はまだ生まれていなかったから、よくは知らない。三ヶ月に一度、定期メンテナンスをしてくれる人が「昔は本当に大変だったんだよ?良かったね、カイト君は今に生まれて」と言っていたから、それだけ規制……というより、世間の目がロイドに対して厳しかったんだと思う。
 でも、今はそんなことなんて全然無い。
 一人で図書館に行っても、買い物をしても何も言われない。
 それどころか、何度も通っていると自然に顔見知りになって、声を掛けてくれることもある。
 だから、一人きりで過ごしていても、辛いと思ったことは無い。
 寂しいな、マスターと居たいな、と思うことはたくさんあるけれど、マスターだって好きで毎日朝早くから夜遅くまで留守にしてるわけじゃ無い。



『お前と日がな一日、仕事しないでひたすら音楽作ってられたら、マジで幸せなんだけどな~』



 でも俺は金も地位も無い一市民だから真面目に働かなきゃいけないんですよーと、第3のビールを片手によく愚痴っていた。
 蔑ろにされてるわけじゃない。
 確かに一緒に過ごす時間は限られているけれど、マスターは自分に出来る最大限の範囲で、僕を大事にしてくれてる。



 だから今日も一人、僕は一人で町に出る。

 マスターから貰ったコインを握り締めて。


 毎朝、マスターから渡される硬貨は、おやつのアイス代。
 いっぺんに渡すと僕はあるだけ買ってきて、あるだけ食べてしまうからダメだと言われた。確かにそれは間違って無いから、僕は反論一つしなかった。
 だって、アイスは僕の好物だもの。
 買えるだけのお金があったら、買えるだけたくさん欲しいし、たくさん食べたいって思うのが普通だと思う。
 そう返したら、「限度があるだろう!」て怒られたけど(実は一度実証済みだったりする)




 それからマスターは、こうしてその日の分だけアイス代をくれるようになった。

 銀色の、100円玉一枚。

 コンビニじゃ消費税分が足りなくて買えないけれど、近くのスーパーならば一つだけ買えて、2円お釣りがくる値段。
 そのお釣りがちょっと溜まったら、スーパーじゃなくてコンビニにある、いつものより消費税分高いアイスを買うのが、僕の隠れた楽しみ。
 でもそれは二日前に食べてしまったから、今日はいつものスーパーのアイス。
 単なるスーパーのアイスと思うなかれ。激安を売りにしているスーパーのアイスコーナーは、充実したラインナップなのだ。
 バニラにしようか、チョコチップにしようか悩みながら、スーパーまでの道程を歩く。
 あ、季節限定のストロベリーでも良いかもしれない。





 小さな小さな、手の平にコロリと転がる銀色のコイン。
 たった一枚だけのコインだけれど、たくさんのものを僕にくれる。
 美味しいアイスが買えるし、何を買おうかと悩む楽しみもくれる。
 お店に行けば、顔見知りになった店員さんやお客さん達にも会える。





 なにより。




「じゃあ行ってくるからな、カイト」

「ハイ、お気をつけて」









―――この小さなコインには、マスターから僕への愛が、たくさん詰まってる。



   
                                      2010.02.02 AK
   





平凡なマスカイが書きたかっただけ。










| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぼかろ家, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。